車の査定時に必要な書類

車の査定時に必要な書類になってくる書類とはどんなものがあるのでしょうか。

 

車の査定を受ける時には必ず準備しておかなければならない書類は二つあります。

 

一つ目は車検証です。車検をとっている車であれば必ず発行されるものですので見当たらない場合は車検を受けた車屋に確認するか、紛失した場合に再発行を必ずしていなければなりませんので注意しましょう。二つ目は自賠責証です。

 

こちらも車検を受けていれば必ず入らないとならないと法律で決められていますのでこちらも紛失する事がない限り車検証を一緒に保存しているはずです。
もしも紛失して見当たらない場合は速やかに車検を受けて車屋に確認して再発行の手続きをとって下さい。

 

もしこの二つが査定を受ける時になければ査定を受ける事ができなくなる可能性が高いのでなくさないように車検証入れに入れてしっかりと保管しておきましょう。

 

更に査定後売却が決まった際にはこの二つの書類の他に本年度の自動車税の納税証明書や印鑑証明、実印、委任状など必要な書類が増えますので、前もって印鑑証明などは準備しておくと急いで役所などにかけこむ必要はありませんね。

 

更に車検証において所有者が本人ではない場合が多々ありますが、その際にはまた必要になってくる書類があります。その場合買取り業者などに確認しておくとスムーズに手続きできるでしょう〜。

 

車の買取りの査定額をアップできるお勧めサイト