下取りでの注意点

新車に乗り換える際、今乗っている車をディーラーで下取りに出すことが多いと思いますが、下取りには注意しましょう。
下取りに出す場合、思っていたような価格で下取ってもらえない可能性があります。 ディーラーでの下取りと併せて、車買取店での買取りも検討してみましょう。

 

最近では、車買取店で買取りしてもらい、それを新車の購入に充てる人も増えているようです。
なぜなら、下取りよりも買取りの方が高く価格がつくことが多いからです。
ディーラーでの下取りは、下取り基本価格表をもとに下取り価格を決定します。

 

下取りした車は、中古車として販売しますが、車買取店のような全国ネットワークがあるわけではなく店頭販売となるため、客層が限られます。
そのため、あまり高い下取り価格はつけられないのです。
ディーラーはあくまで新車販売がメインで、下取りで買取った車から高い利益を得るということは不得手のため、あまり下取り価格には期待できません。

 

車買取店は全国展開しているところもたくさんあり、買取った車は全国のオークションに出品して売却することができるので、高い買取価格を提示することができます。
車買取店では買取った車をすぐにオークションに出品して売却することで利益を得るので、人気のある車種などは高額買取が期待できます。
ディーラーの下取りは、1つの店で買取りから購入までを済ませることができるので手間は省けますが、車を少しでも高く買取ってもらいたいのであれば、下取りのほか、買取りの査定もおすすめします。

 

>>セレナの買取価格で最高の金額を今すぐ確認するには。。。