車の査定でチェックされる項目

車の査定でチェックされる項目についてご存知でしたでしょうか。

 

車の査定をする際にはしっかりとした資格を持った査定士というのがいますので安心して査定を受ける事ができます。

 

その査定士がチェックする項目として一般的に挙げられている箇所をご紹介します。まずは外装ですがボディ全般の汚れはどうか、ボディのキズやへこみは何か所あるか、ガラス類はどうかなど数十種類に及びます。

 

そして内装のチェックです。シートの汚れはどうか、たばこの臭いやペットの臭いはどうか、オーディオ関係は正常に機能するか、タイヤの減りはどうか、トランクルームの汚れはどうかなどです。

 

更にはエンジンルームについても査定対象になります。
エンジンオイルは奇麗にメンテナンスされているか、修復歴の有無、改造パーツはあるかなどです。

 

そして全車種共通して査定される項目が車種や年式、走行距離、車の車検証や整備記録簿などです。

 

整備記録簿等は車を売却する際に加点箇所になるところもあるので捨てずに車検証入れなどに入れていくといいですね。

 

ここで注意すべき点は査定を受ける際に査定士へ嘘の情報を提供してはいけません。査定士に嘘は通用しませんので正確な情報を提供するようにして下さいね。

 

車の買取りの査定額をアップできるお勧めサイト