車検と車買取の査定額の関係

車の買取りの中で車検の残りが気になるところ。

 

乗り換えのタイミングとして車検を目安にすることが多いのではないでしょうか。
その際に車買取りを利用すると思います。
その時車検の残りが少ない車、又は車検が切れている車は、車検に通してから買取りに出そうかと思ってしまいますよね。

 

実際のところ、車検は査定額に影響するのでしょうか?

 

答えは影響はあまりありません。 車検の残りが少なくても、切れていても、査定は受けることができます。 車検は査定の対象にはあまり含まれていないからです。
車検の残りが1,2ヶ月なら多少は響くかもしれません。
しかし、自分で車検を通すよりもそのマイナス額の方が低いでしょう。

 

車買取りの業者は独自のルートで車検を通すので安く済ませることができます。 なので車検を通してから査定をしても、その車検に掛かった費用が査定で上乗せされることはほとんどありません。額に車検に通す方が損をしてしまう可能性が高いです。

 

なので車検が少なくても切れていても、査定をする前に車検は通さなくていいと言うことです。

 

それよりも日頃からきちんと点検・整備しておくことが大切。 オイル交換やバッテリー、タイヤの劣化など、車を大切にすることが重要です。

 

車の買取りの査定額をアップできるお勧めサイト